FC2ブログ

プロフィール

tanatada

Author:tanatada
小郡要約筆記の会「たなばた」のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

またまたドキドキ

9日に引き続き、ドキドキの場へ行ってきました。
でも、すべて勉強になって幸せ。
なかなかこんな機会はないので。
9日は、少しどんよりした気持ちで帰ってきた。
報告書には書いたけれど、場違いだったかな?って。
でも、講演は良かった。
勇気と希望を持たせるような話だった。
環境は違うけれど、頑張れそうな気がする。

もう1つ

明日は、ドキドキしながら参加してきます。
どこに?って。内緒です。

ダイエット

明日からダイエットをしますので、痩せても心配しないで。
喘息になって冷たいものが食べられない、我慢できるのと同じ状態なので、
今度は、成功すると思います。

試験合格

1月31日手話通訳士試験の合格発表があり、
久しぶりで地元の方が合格。
継続して受け続けることが大事なのかも。
ちょっと受験料が高いけど。
今年も率が低いかな。あとから見に行こう。
要約筆記も合格者が出ますように。
(@^^)/~~~

感謝の気持ちと次につなぐ

障がいのとらえ方が、ICFの考え方になった。
それと同じように、要約筆記の世界でも、
環境が原因になっていることが多い。
そのことを発信するのは誰か?
WHO?当事者?当事者団体?サークル?行政?
とりあえず、気づいた人から発信していくしかない。

あすてらすフェスタの時にサポーター講座のミニ版を開催。
そのときは、実は私も聞こえにくいと発信される人が何と多いことか。
なのに活動になると、他人事。
誰かがしてくれて今の環境になっている。
それを誰かがしないと次に結びついていない。
私たちも、誰かが動いてくれたから、今があることを忘れずに感謝したい。
最初に種を蒔いてくださった方は誰?次に蒔いてくださったのは?
水をかけてくださったのは?
亡くなられた方、家庭の事情や高齢になって活動を辞められた方、
言動が伴っていた人たちが多かった。
一緒に居たい、一緒に頑張りたいと思えるモデルの先輩には、
遠いが近づけるように、と思う。

(^_^;)危うく掲示板に書くところだった。

細々とでも続けるって難しいことなんだと思う。
一番街みたいな状況は、もったいないと思うけど、誰がどうする?
心が動くような発想、もの、そこに居る人たちの努力が必要。
タイムリミットは、あと1年。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR