FC2ブログ

プロフィール

tanatada

Author:tanatada
小郡要約筆記の会「たなばた」のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

この世界の続き

気持ちの整理もしたいし、少し愚痴を。

通訳も活動も、直接的な行動より、事前・事後の処理が大変。
参加できるときに、参加する立場がどれほど良いか。
出来る範囲でやるボランティアがどれだけ楽か。
無理していたらつぶれる。
本当にできる範囲で全力を尽くしました!っていう感じ。

制度がなくて困らなければ、それはそれで良いかも。
行政もお金はかからないし、
通訳や活動も、ボランティアのできる範囲で良いわけだから、
研修会への参加もしなくていいし、勉強に費やす時間もお金も要らない。
(必要経費は、書き出しているわけではないけれど、
何をするにしても、お金はかかっている。)
何より、責任がないのが良いかも。

そう言いながらでも活動を続けているのは、
モデル活動者、モデル通訳者を見て、自分も近づきたいと思っているからか、
自分の可能性がどれくらいなのか、確認したいからかな?

「私たちだって有給休暇が欲しい、お給料もボーナスももらいたい」
そのようなことを全国のトップの立場の方が言われたことは、活動の励みになっている。
活動ができる間に実現はできないだろうけど、一緒に頑張ろうと思えた。

楽なほうに流れるのは、10年早いかな?
でも、母の死を考えると、あと10年くらいしか、時間がない。
引退を宣言している期日も迫っている。
今を一生懸命生きて、その日暮らしみたいにやっていると、
引退は、つい忘れがちだけど、
う~~~、「私にも1週間くらい自由時間が欲しい!」

話は変わって、昨日手話のほうで確認できたことがある。
それは忘れることにおいて、27年前と、今ではそう変わっていないということ。
そして、6~7年前と今では、自己評価でレベルが同じくらいだということ。
ということは、努力していないということでもあるし、努力できるということでもある。
と、プラス思考になれたところで、おやすみなさい。


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR